金融庁が注意を促す違法業者

ヤミ金などの違法業者は、いまだに存在しています。

貸金業法が改正されて、貸金業者は
年収の3分の1までしか融資できなくなりました。
それに伴い、審査が厳しくなって
借り入れが難しくなるという状況が起こりました。
借りたくても借りられない方を対象とした
悪徳業者も存在しているので注意が必要です。
金融庁が注意を促す違法業者は、
ヤミ金融や高金利の貸金業者です。
以前はグレーゾーン金利として認められていた金利は、
現在は違法となるのです。

ヤミ金などの悪徳業者は、貸金業登録していない可能性が高いです。
090金融、システム金融、チケット金融、紹介屋、整理屋、買取屋など、
さまざまなタイプの悪徳業者が存在しています。
悪徳業者はホームページを持っていない場合が多いので、
検索サイトで業者名を検索してみる方法も効果的です。

金融庁のホームページの「登録貸金業者情報検索サービス」のページでは、
貸金業登録している業者を検索できます。
ここに名前が表示されない場合は、未登録の悪徳業者なのです。
金融庁では、相談窓口の紹介も行っています。

借金問題を自己解決できない場合に利用してください。
ヤミ金の相談や通報の方法も紹介しているため、
トラブルに遭った場合はすぐに対処してください。


Comments are closed.