初めてでも安心の消費者金融ランキング

アコム

1位

アコム
実質年率 借入限度額 融資スピード
4.8%~18.0% 500万円 最短即日

最大30日間、金利0キャンペーン中です。(2014年1月31日まで)
来店不要で、振込で即日融資可能です。
借りれるか心配な方には「3秒診断」がおすすめです。

詳しくはこちら

モビット

2位

モビット
実質年率 借入限度額 融資スピード
4.8%~18.0% 500万円 最短即日

忙しくて来店できない!日中は仕事で電話に出られない!という方には申し込みから利用まで、ネットとメールだけでOKの「WEB完結」申込みがおすすめです。
電話連絡不要で、郵便物もありません。利用開始までがとってもスピーディー。

詳しくはこちら

レイク

3位

レイク
実質年率 借入限度額 融資スピード
4.5%~18.0% 500万円 最短即日

初めての借入なら30日間無利息のレイク。
給料日前の1週間だけ借りたい時などに便利です。
来店不要でその日のうちに振込OK!

詳しくはこちら

便利なカードローンを活用

カードローンというと、少し危険な感じを受けるものですが、計画をしっかり立てて利用すれば、全く心配する必要のないものです。
私の場合、様々なファッションブランドの商品を買うことが趣味なのですが、特に気に入っているエンハーモニック・タヴァーンの服を買うための資金に困ってしまい、カードローンを利用することになりました。
エンハーモニック・タヴァーンは非常に魅力的なブランドです。

エンハーモニック・タヴァーンの無い生活は、私にはありえないことなのです。
私がカードローンで借り入れた総額は、30万円という大金です。
銀行系カードローン消費者金融系カードローンの両方を利用しました。
非正規雇用で収入が安定していない派遣社員なので、銀行系のカードローンを利用できたことは驚きです。
ただし、大半を消費者金融系で借り入れているので、金利の計算を確実にしておかなければなりません。
エンハーモニック・タヴァーンの服は、無事に手に入りました。

しかし、これで満足して終わるわけではありません。
これからもエンハーモニック・タヴァーンの新商品は発売されるので、それも買おうと考えています。
そのためにも、カードローンで借り入れた30万円を、一刻も早く返さなければなりません。


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

おまとめローンの対象者について

おまとめローンとは銀行などの金融機関が、多重債務者を対象にして、複数のローンを一本化するために融資をするというローン商品です。
銀行などの金融機関にとっては、おまとめローンは対象になる多重債務者の救済という大義名分があるので、取り組みやすく、また1件当たりの融資金額が、300万円から500万円という高額なので、各種金融機関はおまとめローンの商品開発に積極的に取り組んでいて、現在では女性を対象としたおまとめローンや、専業主婦でも融資を受けられるおまとめローンなどが人気を呼んでいます。

多重債務者の救済については、さまざまな指摘がなされていて、銀行に融資をされたのにもかかわらず、消費者金融が保証会社になっていて、督促などを請け負っている場合や、ローンを一本化して金利を低く抑えて、月々の返済額を軽減したにもかかわらず、軽減された金額以上の融資を他の金融機関から受けてしまい再び多重債務者になってしまう可能性などがあると言われています

対象になる多重債務者は一般的にはギャンブルなどの遊興費にお金を費やすことが多いと言われているので、返済に余裕が出来たとしても、自転車操業を繰り返すという指摘もされています


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

国からお金を借りるメリット

企業を経営していくうえでは、資金が必要不可欠です。
自己資金で手配できれば最も望ましいのですが、
現実的にはそれはごく限られた会社だけのことです。
ほとんどの会社は、何らかの形で資金の借入を行っています。
民間銀行から借り入れる形が一般的です。

ただ、国から借りる、という手法もあるのです。
国の公庫は民間企業への事業資金の融資を行っています。
公庫から借り入れるメリットは幾つかあります。
まず第一に、金利が安いことです。
借入金での金利は結構重い負担になります。
公庫の場合、金利は低く抑えられていますので、
資金繰り面でも非常に楽になります。

次に、金利が固定である、という点です。
予測のつきにくい経済情勢ですので、固定金利で借り入れができるのは、
大きな安心材料になります。
三番目に、借入期間が長いというところです。
腰を据えて資金の運用ができますので、経営環境を楽にしてくれます。
四番目に、新規開業に際しても融資対象になる点です。

民間の金融機関の場合、
新たに起業する場合には融資をいやがる傾向があります。
これらのメリットを考えると、
国から借りることがいかに得策かはあらためて論じるまでもありません。
国から資金を借りて、事業の健全な発展に邁進しましょう。


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。